CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ぶんぶんウォーク1日目! | main | クリスマスの焼菓子『ベラベッカ』のおはなし >>
クリスマスのお菓子『シュトーレン』のおはなし


12月に入り、クリスマスが近づいてまいりました。
今年のクリスマスはいかがお過ごしになりますか?

キィニョンではクリスマスを楽しむための焼き菓子を2種類ご用意しました!
今回はそのうちの1つ、『シュトーレン』についてご紹介します。




シュトーレンは、クリスマス本場ドイツで
愛され続けている伝統的なお菓子です。


キィニョンのシュトーレン作りは、
職人がドライフルーツを洋酒に漬け込むところから始まります。

じっくり時間をかけて漬けこんだドライフルーツとごろごろナッツ
をたっぷりと!ちょっと大人なスパイスの効いた生地に練りこんで…

スパイシーさの中にもほんのり甘みを演出する、アーモンド風味の
あまーいマジパンを巻き込んで、オーブンでじっくり焼き上げます。


焼きたてのシュトーレンを溶かしバターにくぐらせて、
コクのあるきび砂糖をまぶしたら完成!


ドライフルーツやラム酒の匂いがふんわりと香るシュトーレン。
ついつい「もうちょっと……もう一切れだけ……」とパクパク
食べてしまいそうになりますが、そこはグッと我慢しましょう。

ドイツの伝統に従った正当な楽しみ方は、12月の初めからクリスマス
までの約4週間、毎日少しずつスライスして食べていくというもの。
日にちが経つにつれ、ラム酒やバターが生地に染み込み、味の変化が
楽しめるのも魅力です。


また、日持ちがするようにバターと砂糖がしっかりかかっている
シュトーレンは、ブラックコーヒーやストレートティーなどおやつの
お供にもぴったりですが、ちょっと大人にホットワインと一緒に
楽しむこともおすすめします。






キィニョンのシュトーレンの包装はすべて手作り。
『今年もたくさんの人のクリスマスに笑顔を添えられたら』
なんて想像しながら赤と緑のクリスマスカラーで仕上げました。

クリスマスに向けて数少ない限定販売です!
お買い求めの方はお早めに!

ネットでも販売中です!
http://item.rakuten.co.jp/quignon/c/0000000115/



かねた(^^)/

 
| 焼菓子 | 13:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://blog.quignon.jp/trackback/1366462
トラックバック